サロンカラー VS ホームカラー! vol.3

2020-12-08 (火)

Dr.Nです。

drn28.png

 

サロンカラーとホームカラーの

違いについて今回も

お客様へのアプローチに

使える内容ですので

参考になればと思います。

 

では今回も

H社の高Hさんに聞いていきます。

 

sonota1.png

 

よろしくお願いします。

vol.1のときに配合できる成分について

違いはないと言ったけど

配合目的に違いがあって

それが明確な差になっているよ。

 

たとえばわかりやすところで

過酸化水素(オキシ)だね。

基本的にホームカラーは6%のみ

ダメージを想定しておらず

色の発色、ブリーチ力を目的にしているよ。

 

対してサロンカラーのオキシは

髪のコンディションにあわせて

2%や3%などを使って

必要以上のパワーが出ないように

コントロールすることができるんだ。

 

 

 drn28.png

 

ホームカラーでは

失敗を少なくするために。

サロンカラーでは

髪をいたわりながら

色を長持ちさせたり

髪のツヤを維持させたりする

ケア発想のカラリングが目的なんですね!

 

sonota1.png

 

そそ!

他にも配合成分に特徴があって

ホームカラーは

いろんな流行りの成分を使いたがるんだ。

〇〇オイルとか××エキスとか。

とりあえずたくさんの成分を配合するの。

でも剤の容量は決まっているから

その容量で数多くの成分を入れるってことは

それだけ一つ一つの配合量は少なく

効果は薄くなりがちなんだ。

しかも

髪の手触りに関係する成分を配合する傾向が強いの。

 

サロンカラーでは

逆に配合する成分は少なめなことが多く

目的としては

色の染まりをよくするため

髪の内部に作用するものが多いよ。

もちろん

手触りも重要だから

しっかり効果が感じれる適した成分を配合するんだ

 

drn28.png

 

なんでそんな配合成分の傾向に

違いがあるんですか?

 

sonota1.png

 

理由は2つ!

 

ひとつはホームカラーが

オキシが6%しかなく

それで毛先までやっちゃうから

傷みやすく、ゴワゴワしやすい。

だからその質感をごまかすためなんだ

 

ふたつめはホームカラーは

売れなきゃ意味ないでしょ?

だからメディアへの見せ方として

様々な良さそうな成分が

たくさん配合されていたほうが

ウケがよくなるんだ!

 

きみもバイキングいったら

いろんな料理を食べたくて

少量でたくさんの料理をとっていくでしょ?

それと同じ心理だよ。

 

drn28.png

 

なるほどー。

ではサロンカラーではそのように

見せる必要はないし

美容師さんが計算通りのカラーができる

サポート成分を配合するほうが

いいってことですね!

 

drn8.png

 

まとめ

 

配合成分の目的が

ホームカラーとサロンカラーでは違う!

 

[オキシ]では

 

ホームカラーは発色とブリーチが

指定通りにでることを重要視

6%のみ

 

サロンカラーは発色とブリーチを

コントロール

髪のケアを重要視

1~6%選べる

 

[トリートメント成分]では

 

ホームカラーでは

髪の手触りをよくする成分が主体で

さまざまな成分を少量配合し

見栄えを良くしている

 

サロンカラーでは

イメージ通りのカラリングをするための

サポート成分が主体

 

 

 

じつは他にも重要な成分に違いが。。。

次回

サロンカラー VS ホームカラー

最 終 回 !